GREETING

理事長あいさつ

青谷福祉会の法人理念は、
一、利用者の人権を第一にした施設運営
一、地域に開かれた施設運営
一、職員の資質向上を常に目指す施設運営 です。

4つの事業所を運営しており、どの事業所においても法人理念に沿った運営基本方針を定めて、地域に愛される施設にするために職員一同頑張っています。地域に愛される施設にするためには、特に職員の研修や資格取得への支援を行い職員の資質向上に特に力を注いでいます。

利用者さまやご家族が青谷福祉会の事業所を利用して良かった、又すべての職員が青谷福祉会に勤めて良かったと感じられる事業所となるよう今後も努力していきたいと思います。

青谷福祉会 理事長
 鉄永 富佐子

常務理事 小林 伸明

人々の価値観は多様化し、社会問題も多種多様となっている現代の地域における福祉の対応は、迅速で、きめ細やかな対応が求められています。

社会福祉法人 青谷福祉会は、行政での対応が難しい分野をカバーし、行政とともに地域の住民が日々の生活の中で必要とする『高齢者の介護・子供たちへの自立支援』を行なっています。

地域へ迅速で、きめ細かな福祉サービスを提供(地域貢献も含む)するためには、法人組織の体制・機能強化を図り、職員の人材育成にも積極的に取り組み、優れた職員『人財』の育成とともに良い組織づくりに励み地域との信頼関係の構築に努めたいと考えています。

PHILOSOPHY

法人理念

  • 利用者の人権を第一にした施設運営
  • 地域に開かれた施設運営
  • 職員の資質向上を常にめざす施設運営

OVERVIEW

概要

  • 経営設置主体
    社会福祉法人 青谷福祉会
  • 代表者
    理事長 鉄永 富佐子(てつなが ふさこ)
  • 設立許可年月日
    昭和48年2月21日
  • 所在地
    〒689-0511 鳥取県鳥取市青谷町善田27-1
  • 電話番号
    0857-85-0117
  • FAX番号
    0857-85-5025

HISTORY

沿革

  • 昭和26年1月
    戦災孤児を対象に青谷こども学園を設立し、事業開始
  • 昭和48年2月
    社会福祉法人 青谷こども学園として認可を受ける(大舎制30名定員)
  • 平成6年11月
    青谷こども学園 30名定員の新園舎が現在地に完成する(青谷町31-1)
  • 平成13年4月
    特別養護老人ホームなりすな 事業開始(入居定員50名、短期入居10名)
    法人名を改名 社会福祉法人 青谷福祉会とする
  • 平成16年4月
    特別養護老人ホームなりすな 一部ユニット型施設 事業開始(入居定員36名)
  • 平成22年4月
    青谷こども学園分園コスモスホーム 増棟(青谷町奥崎)
  • 平成23年11月
    特別養護老人ホームなりすな 地域交流館 完成
  • 平成26年4月
    特別養護老人ホームなりすな
    従来型多床室(平成13年4月開所)⇒ 1号館
    ユニット型(平成16年4月開所) ⇒ 2号館…通称名登録
  • 平成27年1月
    居宅介護支援事業所なりすな 事業開始(平成28年4月以降 デイサービスなりすな併設)
  • 平成27年3月
    青谷こども学園分園スズランホーム 増棟(青谷町奥崎)定員35名とする
  • 平成28年4月
    デイサービスなりすな 事業開始(認知症対応型 青谷町青谷)

ORGANIZATION CHART

組織図

平成31年4月1日 現在

ACTION PLAN

行動計画

一般事業主行動計画(次世代法・女性活躍推進法 一体型)

女性職員が就業継続しやすく、また全ての職員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図りながら働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

  1. 計画期間 平成31年4月1日から令和5年3月31日までの3年間
  2. 内容
    目標1 個々の事情に応じた柔軟な働き方(育児・介護休業等)について取得しやすく職員相互の理解を深めるため管理職への研修を行う。
    目標2 ハラスメント防止ブックの作成
    目標3 日ごろの業務の見直しなど各管理職が中心となって推進し、所定外労働の軽減や有休休暇取得の向上に努める。
    目標4 専門家(キャリアコンサルタント)によるキャリア面談を短時間労働者等も含む全職員の60%以上とし、うち女性職員50%以上を対象に実施する。
  3. 対策

    平成31年4月~

    • 行動計画の周知
    • 働き方に関する職員の意識アンケート調査(労働時間の把握)
    • 制度に関するパンフレットの作成・配布、周知
    • 各種制度等の理解促進のための本部職員の外部研修への参加
    • 管理職を対象とした研修会の実施
    • 有給休暇取得率や制度の利用状況等の実績を職員へ周知(毎年度)
    • 管理職から推進状況や課題等についてヒアリング(事業所⇒本部)

INFORMATION

情報開示

COMPLAINT RESOLUTION

苦情解決体制

福祉サービスを安心して利用するため、疑問や不安を感じている方はお気軽に下記へご相談ください。

苦情解決の流れ

平成31年4月1日 現在

関係相談機関

鳥取県福祉サービス運営適性化委員会
電話:0857-59-6335 鳥取県福祉人材研修センター内

苦情解決担当者

社会福祉法人青谷福祉会
本部事務局
苦情受付責任者 事務局長 上田洋子
苦情受付担当者 事務主任 水砂忍
特別養護老人ホーム なりすな 苦情受付責任者 施設長 上田洋子
苦情受付担当者 生活相談員 河田英作
ケアマネジャー 谷尾勉
デイサービス なりすな
(居宅介護支援事業所なりすな)
苦情受付責任者 施設長 小野田龍彦
児童養護施設 青谷こども学園 苦情受付責任者 施設長 水砂美喜代
苦情受付担当者 ホーム包括長 吉田学